21.脱がないとダメですか?

こんばんは。

今日はこの仕事をする上で、多くの女性が不安に思うことを書いていきますが、ここまでちゃんと書く業者も少ないと思います。

ちょっと長いですが、それだけマジメに書いている証拠です。面接時にもよく聞かれる質問。

「脱がないとダメですか?」これですね 笑

これについて、詳しく書かせていただきます。まず、ライブチャットの種類には「アダルト」と「ノンアダルト」のカテゴリーに別れますが、この業界の主流は「アダルト」です。

未経験の女性は、この「アダルト」っていうキーワードに不安を覚えます。なぜか?いろんなことを勝手に想像しちゃうんですね。

ライブチャットでの「アダルト」は、風俗やAVなどの「アダルト」とは違います。もっと「ソフト」なんです。

なぜなら、ライブチャットはお客様と直接接触している訳ではないので、ソフトな内容にならざらるを得ないのが現実です。

つまり、チャット=おしゃべりをするサービス

で気になる実際の話しですが「脱いでください」ではなく「脱いでも良いです」って感じです。

「ノンアダルト」は脱ぐのは禁止ですが、その逆になります。許容範囲が違うので「アダルト」の方が、いろいろな戦略をすることができるってことです。

ライブチャットのサイトの方から「脱いでください」や、当店から「脱がなきゃダメだよ」など、強要も強制も一切ありませんので、安心してください。

反対に「脱ぐこと」を強要したりする事務所は、女性側の「持ち」を考えてないので、個人的にどうかと思います。

ライブチャットのコツは、お客様との会話の流れや相手の心理を読みながら、いかに上手に対応していくか?です。

会話の流れで、お客様から「脱いで欲しい」と要求があれば、どんな風に対応するか?が、ポイントです。

男性の心理は、見たくて見たくて仕方がないんです。この心理を逆手に取るには【じらす】ことが重要なんです。

アッサリと「わかりました。じゃあ、脱ぎますね」ってスグ脱いでしまうと、どうなるか?男性は不思議な生き物で、かんたんに見えると楽しくないんです。

女の子とのやり取りや攻防戦が、楽しいんです。他にもコツはいくつもありますが、男性がドキドキするのはどんなことか?わかりますか?

それは…

【見えるか?見えないか?のギリギリ感】

こーいったやり取りがあるから、男性のお客様は楽しいんです。これプラス会話が楽しいから、リピーターになってもらえるんですね。

【脱ぐか?脱がないか?の攻防戦と、ギリギリ見えるか?見えないか?】を楽しませるんです。

男性に「ドキドキ・ワクワク・期待感」を与えるんですね。

ただし、ライブチャットはキチンと法律の範囲で運営されていますので「性器の露出は禁止」です。意外と知らない女性も多いのですが、法律が適用されているのが特徴です。違反するとチャットレディの登録抹消になり、お仕事できなくなることもあります。

なので、

ライブチャットの「アダルト」カテゴリーは、アナタが想像しているよりも、「かなりソフト」な「アダルト」と思ってください。だから、チャットレディをしている女の子は、「素人の女性」が多いんです。

あと、もう一点。

ライブチャットは風俗じゃないので、脱ぐのがメインではありません。あくまでお客様との「会話=おしゃべり」がメインなんです。

信じられないかもしれませんが「脱ぎまくる女性」は、逆に稼げません 笑

勘違いする女性もいるんですが、ほんとうにそうなんです。

重要なのは、さきほども説明しましたが【脱ぐか?脱がないか?の攻防戦と、ギリギリ見えるか?見えないか?】です。

男性の心理状態を読むのが、とても重要なんです。

ライブチャットで、人気のある女性はどんなのか?わかりますか?それは、「素人っぽい女性」なんです。

すぐに脱いだり、全く恥しそうな表情やしぐさがないと、素人っぽくないんです…

逆に言うと、プロっぽい・何か妙に慣れてるよね?って見えるんです。

勘違いして、脱がないとお客様がこないと思っている女性は、ドンドン脱いでるのにお客様が離れていく…

ぶっちゃけ、男性はもっと気軽に女性の裸を見たい場合、エッチな動画をみたり風俗にいっちゃうんです。笑

そもそもライブチャットにくるお客様は、目的が違うんですよ。それよりも、会話をしながら【ドキドキ・わくわく・期待感】を楽しむんです。

この辺りの男性心理の感覚がわかると、チャットレディは高収入になります。

素人の女性でも、ビックリするほど高収入になる!の秘密が、まさにコレなんです。ライブチャットってテクニックもたくさんあります。

お仕事に来てもらってる女性には、細かく丁寧に色々と教えてます。

その他の記事はコチラ
キャンペーン中! 面接・一日体験にお越しで、その場で即 5,000円プレゼント!
コチラ⇒ 応募・一日体験・お問合せ