33.タイピングの文字を見ながらしゃべる難しさ

おはようございます。

ライブチャットは男性のお客様と、エロトークをするのは当たり前の世界なんですが、こんな男性もいるんです。

女性からの発言を待つタイプ

最初は女の子も、仕事に慣れてなくて緊張で上手にしゃべれなかったりする訳です。

もし男性が、同じ様に緊張している方や女の子に何をしゃべってよいのか?わからないタイプのお客様は、どうなると思いますか?もう想像できますよね?笑

沈黙しちゃいます。

発言がないので、お互いが相手の発言を待つ!笑

まーまぁ~沈黙です。

ライブチャットは、沈黙が長くなればなるほど「チャットを切られる可能性が高く」なります。

せっかくチャットに繋がったのに、沈黙が原因で切られるのは、もったいないです。なのでこんな時は、女の子から少しだけ積極的に発言することで、沈黙する時間を少なくしたりできます。

相手のことを気遣った発言であったり、質問をしたりアナタの自己紹介や状況を説明してあげたりすると、チャットを切られることを防ぐとこができます。

間違っても、ず~~~っと相手の発言を待ったりしないことです 笑

これが、ライブチャットの文字を見て話しをする難しさ!なんです。相手の会話がタイピングで、アナタのモニターに映るわけですが、タイピング(会話=発言)がなければ、男性の顔も見えてないので、状況もわからないんです。

その時は、アナタが想像力も膨らませるんです。イメージするとも言います。

もしかしたら、タイピングが苦手なのかな?スマホからだから文字入力がやりにくいのかな?初心者の方だから使い方わからないのかな?ハズカシがってるのかな?など、イメージすると会話も出てきやすいですよね?

ライブチャットにくるお客様のほとんどが、タイピングで会話してきます。

マイクを使ってくれる方であれば、電話みたいに話しやすい&声も聞けるので、だいたいの年齢層だったり話し方や声のトーンで、相手をイメージしやすいんですね。

それ以外にも、文字の難しさは、感情が伝わりずらいことです。本気なのか?冗談なのか?も最初はよくわかりません。

しかし、チャットに慣れてくると相手のタイピングや会話のテンポや間で、相手の表情も想像できるようになってきます。

相手をイメージすることが、チャットを楽しくするコツですし、相手のことに興味を持ってあげると、話題や会話もポンポンっ出てくるようになります。

中には、どんな所に興味を持ってお話しをしてみたらよいのか?わからないって方もいるかもしれません。そんな女性は、いろいろと親身にアドバイスさせていただきます。

うちに所属していなくても、同じようにコツをお伝えさせてもらいます。

その他の記事はコチラ
キャンペーン中! 面接・一日体験にお越しで、その場で即 5,000円プレゼント!
コチラ⇒ 応募・一日体験・お問合せ